ライブカジノハウスのVISA入金方法!反映時間・限度額・手数料

ライブカジノハウスのVISA入金方法

ライブカジノハウスは2021年の春先にVISAでの入金が復活しました。本記事ではライブカジノハウスのVISA入金について、入金方法やユーザーが知っておくべき情報や具体的手順などを詳しく解説しています。

>VISAで入金できるオンラインカジノ【2022年】

ライブカジノハウスのVISA入金方法:反映時間・限度額・手数料

VISAで入金できるライブカジノハウス

ここから登録すると$30+FS20回獲得

ライブカジノハウスのVISA入金の基礎となる反映時間・手数料・限度額などの情報を解説します。

VISA入金反映時間・手数料・限度額

VISA入金反映時間即時
VISA入金手数料10ドル以上2500ドル以下
VISA入金限度額2.25%(最大5ドル)

ライブカジノハウスのVISA入金には2.25%の手数料がかかりますが、最大金額は5ドルです。

VISA入金は手数料2.25%(最大金額5ドル)

そのため223ドル以上を入金すると、入金額が大きくなるごとに手数料負担率は小さくなります。

またJCBおよびAmerican Expressは最大1000ドルまでしか入金できませんが、VISAならば2500ドルまで入金可能です。

ライブカジノハウスにクレジットカードで高額入金したい場合、VISAが最もおすすめです。

ライブカジノハウスのVISA入金は中間決済業者を経由して間接的に入金される

ライブカジノハウスにVISAで入金した際のカード明細をチェックすると、「FLWTAX/ACCOU(LEKKI)」と記載されていました。

ライブカジノのVISA入金時のカード明細

つまりVISAからライブカジノハウスに直接送金しているのではなく、「FLWTAX/ACCOU(LEKKI)」という業者を経由しているということです。

最近はVISAの不正利用対策が強化されており、オンラインカジノへの入金も強く規制されている中では中間決済業者が重要な役割を果たしています。

なお、中間決済業者は常に同じとは限らず、度々変更されています。

ライブカジノハウスのVISA入金手順を画像付きで解説

ライブカジノハウスに実際に資金を入金する際の具体的手順について、ステップごとに詳しく解説します。

①ライブカジノハウスにログインし入金画面を開く

画面右上の「入金」という黄色いボタンをタップ

ここから登録すると$30+FS20回獲得

ライブカジノハウスにログインできたら、画面右上の「入金」という黄色いボタンをタップしてください。するとすぐに入金画面に遷移します。

②ライブカジノハウスの入金方法一覧からVISAのアイコンを選択

ライブカジノハウスの入金方法一覧

表示されるライブカジノハウスの入金方法一覧から、「VISA」のアイコンを選択してください。

③ライブカジノハウスへの入金希望額を入力する

入金希望額をアメリカドル建てで入力

まずはライブカジノハウスへの入金希望額をアメリカドル建てで入力します。金額入力欄の下には手数料込みの金額も表示されるので、入金時の参考にしてください。

④VISAカード情報を入力する

VISAカード情報を入力

続いてライブカジノハウスへの入金に利用したいカードの情報について入力します。

具体的に入力するのは以下の内容についてです。

  • クレジットカード名義(本人名義のみ)
  • クレジットカード有効期限(月)
  • クレジットカード有効期限(西暦年)
  • セキュリティーコード(CVV)

いずれの情報についても、正しく入力しないと入金エラーの原因になります。余計な入金エラーのリスクをなくすためにも、慌てず確実に入力することを心がけてください。

すべて入力できたら「入金する」という赤いボタンをタップします。すると以下の通り手続き中というメッセージが表示されます。

手続き中というメッセージが表示

⑤アカウントに入金が反映される

入金が完了したというメッセージが表示

ほどなくして上記のように入金が完了したというメッセージが表示されます。

ライブカジノハウスのトップページに戻りウォレットをチェックしてみれば、実際に入金が反映されていることも分かるはずです。

ライブカジノハウスのアカウントに入金が反映

ライブカジノハウスにVISAで入金してみて分かったこと

筆者は2021年12月21日に、実際にVISAで10ドルをライブカジノハウスに入金してみました。実際の入金を通じて分かったことについて、いくつか知っておきたい情報を解説します。

ここから登録すると$30+FS20回獲得

ライブカジノハウスのVISA入金は即時アカウントに反映される

ライブカジノハウスではVISA決済の完了後、すぐにアカウントに入金が反映されました。

カード側で利用可能額が差し引かれているのに、なかなか入金反映されないというストレスを味わう必要がない点は1つのメリットです。

ライブカジノハウスのVISA入金はかなり割高なドル円レートで決済

ライブカジノハウスに10ドル入金、手数料も含めると10.23ドルをVISAで入金した際、カード側では1236円が決済されました。

10.23ドルを入金した際、カード側では1236円が決済

つまり1ドル=120.82円というレートが適用されたことになります。入金当時のドル円レートは1ドル=114円程度だったことを踏まえると、かなり割高な円安レートが適用されたということです。

決済レート
ライブカジノハウス1ドル=120.82円
通常の為替取引1ドル=114円程度

ライブカジノハウス側で取られる2.25%の手数料以上に、不利なレートで決済されることでの実質的負担の方が重くなるということは知っておきましょう。

またVISA側で設定されている利用可能額の限度ギリギリを狙った入金する場合も、限度額超過により入金エラーになる可能性があります。

確実に入金を成功させたいならば、少し余裕を持った金額で入金申請するのがおすすめです。

JCB/American ExpressのアイコンでもVISAで入金できる可能性あり

ライブカジノハウスでは基本はVISAのアイコンから入金を行いますが、JCBとAmerican ExpressのアイコンからでもVISA入金ができる可能性があります。

JCBとAmerican ExpressのアイコンからでもVISA入金ができる可能性がある

というのもJCB/American Expressのオプションで、表記のないマスターカードでの入金も成功したためです。

もしうまくVISAのオプションから入金できなかった場合には、JCB/American Expressのオプションから入金を試みるのも1つの手です。

小額入金なら3Dセキュアを設定していないVISAカードでも追加認証が必要ない

ライブカジノハウスでは、3Dセキュアを設定していないVISAカードであっても、入金額がさほど大きくなければ追加認証を必要としません。

3Dセキュア非設定のカードではそもそも入金できないというオンラインカジノも多くありますが、ライブカジノハウスで小額入金ならば、3Dセキュア非設定でもOKです。

しかしやはり安全性を考えると、3Dセキュアを設定しておくことは強く推奨します。万が一カード情報が流出してしまった際にも、不正利用被害を防げるためです。

ライブカジノハウスに入金する前は、VISAのインターネットサイトから3Dセキュア設定をしておきましょう。

ライブカジノハウスではVISAのキャッシング枠を使って銀行振込入金した方が割安

ライブカジノハウスのVISA入金方法としては、カード入金だけではなくキャッシング枠を利用するという方法もあります。

VISAカードに付帯するキャッシング枠

具体的にはキャッシングにより資金を借り入れた後に銀行振込によりライブカジノハウスに入金するという流れです。銀行振込入金の場合、カード入金と比べるとお得なドル円レートが適用されます。

ライブカジノハウスでは銀行振込の方がカード入金よりレートがお得

カード入金した同日には10ドル入金に際して1184円の振込が必要と表示されました。つまり1ドル=118.4円というレートが適用されたということです。

カード入金と比べると、1%ほどお得な為替レートになります。

もちろんキャッシングには利子払い負担があるという点は考慮する必要がありますが、それでもトータルの支払い金額は安く済みます。

また銀行振込ならば最大4000ドルと、カードよりも高額入金できる点もメリットです。

ライブカジノハウスの銀行振込は最大4000ドルまで入金可能

ライブカジノハウスのVISA入金後にすべき手続き

ライブカジノハウスのVISA入金後にすべき手続き

VISAでの入金後、よりライブカジノハウスの利用を楽しむためにはいくつか行いたい手続きがあります。具体的にどのような手続きが必要なのか、詳しくチェックしてみましょう。

ここから登録すると$30+FS20回獲得

入金に利用したVISAカードの認証をする

ライブカジノハウスにVISAで入金した後、資金を出金可能にするためには入金に利用したカードの認証が必要になります。

入金に利用したカードの認証が必要

カード画像の両面を撮影した上で、サポートにEメールで提出してください。ライブカジノハウスではアカウント上から画像をアップロードすることができないため、Eメールで手続きする必要があります。

なお、審査完了までには数日程度の時間を要する可能性があります。出金直前になって慌てないようにするためにも、入金完了後はなるべく早く手続きを済ませておくのがおすすめです。

VISA以外に出金対応口座からの入金実績を作る

ライブカジノハウスも他のオンラインカジノと同じように、VISAは入金にのみ利用でき、出金手段としては利用できません。

またライブカジノハウスでは入金実績がある口座以外には出金できないため、VISA入金後に資金を出金可能にするためには、出金対応口座からの入金実績を作る必要があります。

2.5.9.

Live Casino Houseは、(該当する場合)お客様からの入金と同じ方法で資金をお客様に支払う権利を保有します。

引用元:Live Casino House – Terms and Conditions (bet88jp.com)

ちなみにライブカジノハウスで利用可能な出金方法は以下の通りです。

出金方法出金可能額
エコペイズ10~5000ドル
ヴィーナスポイント10~5000ドル
アイウォレット10~5000ドル
アストロペイ10~5000ドル
ジェットオンウォレット10~5000ドル
仮想通貨10~5000ドル

小額入金でも構わないので、VISAとは別に入金実績を作っておきましょう。

ショップでリベートボーナス&キャッシュバックのアイテムを購入する

ライブカジノハウスと言えば1週間のベットが対象となるリベートボーナスやキャッシュバックが大きな魅力です。

ライブカジノハウスのリベートボーナス ライブカジノハウスのキャッシュバックボーナス

ここから登録すると$30+FS20回獲得

しかしいずれも自動で貰えるわけではなく、まずはショップでアイテムを購入する必要があります。

ショップでアイテムを購入

万ドル単位以上のベットをしても、アイテムの購入を忘れていればリベートボーナスは稼げません。

せっかくお得に稼げるチャンスをみすみす逃さないためにも、毎週最初の入金後はショップでアイテムを購入することを心がけましょう。

ライブカジノハウスから出金するために入金額と同額以上のベットを行う

ライブカジノハウスから出金するには、入金後に入金額と同額以上のベットを行う必要があります。

2.5.7.

出金申請が承認されるためには、ユーザーは最低1回以上、入金額相当の賭けを行う必要があります

引用元:Live Casino House – Terms and Conditions (bet88jp.com)

例えば100ドル入金した後は、最低でも100ドル以上のベットが必要ということです。条件未了で出金申請をした場合は出金が差し戻しとなります。

頻繁に条件未了で出金申請をしていると、不適正なアカウント利用と見なされて、アカウントロックなどの重い処分を受けることにもなりかねません。

実際に過去には一斉にアカウントロックが行われたこともあるので、他のオンラインカジノ以上に慎重に出金条件をクリアすることを心がけましょう。

オンラインカジノの入金方法!おすすめや入金手段を徹底比較!

オンラインカジノの入金方法!おすすめや入金手段を徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事にコメントする